Virtual Box – ホストOSとゲストOS間の通信

いろいろあってWeb+DBサーバでの開発をすることになったんだけど、まだ実験的なものだから、できればMacBook Proで行いたい。
しかしこのMacにApache入れるのはなんだかなぁ。
ということで仮想環境にUbuntuを入れてるから、そこにサーバ環境を立てることにした。そこで今回の目的は、ホストOSとゲストOSが通信(MacからUbuntuにアクセス)できること、他のネットワークからはUbuntuが見えなくすること。

 

WindowsのVirtual BoxのUbuntuはネットワーク設定をブリッジアダプタにすることで、Windowsからアクセスできるようにした。
でもPS3からも見えてしまう(というかこれが目的だった)。
今回はホストOS以外からは見えなくする設定が必要となる。

 

VirtualBoxの設定

まずはVirtual Boxの設定を開く(UbuntuなどのOSの設定ではない)。

vbox_network1

ネットワークタブを開き、右のボタンを押す。するとリストに “vboxnet0” が追加される。

vbox_network2

 

OKを押して閉じて、次にOSの設定を開く。ネットワークタブを開き、 “アダプター1” を以下のように設定する。

vbox_network3

アダプター2” を以下のように設定する。

vbox_network4

 

仮想マシンの設定

Virtual Boxの設定は終わったので、仮想マシン上でOSを起動する。
今回はUbuntuでの解説になるけど、基本的に他のOSでも変わらない、と思う。

 

ネットワークの設定を開くと、 “Wired Connection〜” が2つある。

vbox_network5

1がホストオンリーアダプター用、2がNAT用。
NAT用は特にIPアドレスを設定する必要がないし、デフォルトでDHCPなので無視する。
Wired Connection 1” を選択し、編集ボタンを押す。
ちなみにホストOSとゲストOSには 192.168.56.0/24 のネットワークが設定されている。
んでホストOSにはデフォルトで 192.168.56.1 が設定されている。
なのでゲストOSの設定は以下のようにした(これはご自由に)。

vbox_network6

 

ホストOSからゲストOS、それと逆向きにpingを送って、どちらも成功したらおしまい。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">