WindowsでRamディスクを作成する

Ramディスクについてや、使うことでどうなるかというのはMacでRamディスクを作成するを参照。
今回はWindows版です。
Mac版同様、キャッシュを置くことが目的なので、終了時にRamディスク内のファイルは全て消えてしまうことに注意してください(バックアップ取ることもできるけど説明しない)。

 

SoftPerfect Ram Disk

SoftPerfect Ram Disk (32bit, 64bit 対応)

softperfectram

画像の位置からダウンロードし、インストール。

 

日本語化する

Nice cheat.さんが日本語化ファイルを公開しているので、ダウンロード。
起動するたびに日本語化ファイルを読み込む必要がある(?)ので、解凍して出てきたJapanese.iniを邪魔にならないようにSoftPerfect Ram Diskの実行ファイルと同じとこにでも置いておく。

 

softperfectram2

起動画面。
メニューのHelp→Load Languageから、さっき移動したJapanese.iniを選択する。

 

softperfectram3

日本語化完了。
再起動すると英語に戻ったから、毎回行う必要があるのかも。

 

使い方

softperfectram4

左上の + ボタンでRamディスクの追加を行う。

 

softperfectram5

まずRamディスクの容量を設定する。
Windows7 32bit、メモリ4GBのノートで実験中なので、画像では500MBと設定。
64bit、メモリ8GBのデスクトップでは2GBにした。
ドライブレターは基本的になんでもいいけど、他のソフトに影響が出ないように後ろの辺りがいいかも。
今回はRamディスクなのでRとした。
そしてリムーバブルとしてマウントにチェック。
これは無駄なゴミをRamディスク内に作らないようにするため。
ファイルシステムはNTFSとする。

 

OKを押すとRamディスクを作成し、自動でマウントしてくれるんだけど、容量を結構大きめにするとエラーが出ることがある。
少なくすると成功する場合は、メモリの断片化が原因っぽいので、Windowsを再起動するとうまくいった。

 

Windowsは一時的な作業フォルダや、キャッシュ用のフォルダを設定できるソフトが結構あるので、それらでRamディスクを指定することで作業効率がかなり上がる。
今回はFirefoxのキャッシュをRamディスクに置く設定の説明をする。

 

RAMディスクをFirefoxのキャッシュフォルダにする

Firefoxのアドレスバーに、 about:config と入力する。
ページ中を右クリックし、新規作成→文字列を選択。
最初にキーの入力で、 browser.cache.disk.parent_directory と入力する。次に文字列の入力で、Ramディスクのパス(今回の場合は R:\Firefox\ など)を入力する。
Firefoxを再起動し、てきとーにブラウジングしてみて、Ramディスク内にFirefoxのキャッシュが溜まってたら成功。
おわり。

 

今円安でメモリが高騰してるけど、安くなったら16GBとか欲しいなぁ。
んで、Alice Madness ReturnsとかをRamディスクにインストールして、ロード時間ほぼなしでゲームやりたい。
安い時に買っておけばよかった……

関連記事:


One thought on “WindowsでRamディスクを作成する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">