UbuntuをDLNAサーバにする

DLNAを使えば、サーバ内の動画や音楽をPS3などのDLNAに対応したクライアントで再生することができる。
最近はテレビ自体にその機能が付いてるものもあるらしいけど、そんなもの持ってないのでPS3での使用を想定する。

 

使用する環境

とりあえず今回は自分用なので、条件というか、前提がある。

  • Ubuntu(サーバ)とクライアントが同じネットワークである
  • 再生するクライアントはPS3
  • 再生する拡張子はmp4(h.264)のみ

後者は、俺が全ての動画をmp4で持ってるため。
aviとかisoなどの他の拡張子も、ちょっと変更するだけで再生できるようになるけど、それは各自でてきとーに検索してください。

 

MediaTomb

まずDLNAサーバのソフトであるMediaTombのインストール。

$ sudo apt-get install mediatomb

PS3でサムネイル表示するためにffmpegなどのインストール

$ sudo apt-get install ffmpeg ffmpegthumbnailer

設定ファイルのバックアップを取っておく。

$ sudo cp /etc/mediatomb/config.xml /etc/mediatomb/config_org.xml

設定ファイルをemacsなどのエディタで開き、必要な箇所を書き換える。

$ sudo emacs /etc/mediatomb/config.xml

 

PS3に対応させる。

<protocolInfo extend=”no”/><protocolInfo extend=”yes”/>

ブラウザから操作できるようにする

<ui enabled=”no” show-tooltips=”yes”><ui enabled=”yes” show-tooltips=”yes”>

<accounts enabled=”no” session-timeout=”30″> → <accounts enabled=”no” session-timeout=”30″>

必要であればユーザ名、パスワードを自由に変更する。

<account user=”mediatomb” password=”mediatomb” /><account user=”ユーザ名” password=”パスワード” />

サムネイルの有効化

<ffmpegthumbnailer enabled=”no”><ffmpegthumbnailer enabled=”no”>

日本語の文字化け防止。

<import hidden-files=”no”>
<scripting script-charset=”UTF-8″>


<import hidden-files=”no”>
    <filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset>
    <metadata-charset>UTF-8</metadata-charset>
    <scripting script-charset=”UTF-8″>

上書き保存して、MediaTombの再起動。

$ sudo service mediatomb restart

 

公開するファイルの追加

ファイルを追加するために、ブラウザからhttp://localhost:49152にアクセスする。

mediatomb

上でユーザ名とパスワードを変更した場合はそれを入力し、そうでなければ両方 mediatomb と入力することでログインできる。

 

mediatomb2

まず Filesystem を選択。
次にDLNAで公開したいディレクトリ、またはファイルがある場所を左のツリーから選択。そして、ファイルを個々に追加したい場合はファイル名の右にある を選択し、ディレクトリごとなら右上の + を選択する。

 

mediatomb3

ディレクトリの場合、この画像のようなチェック項目が出るので、画像のように選択してSetボタンを押す(説明省略)。

 

これでPS3のビデオのところに、MediaTombのアイコンが出てるはず。あとは目的の動画のとこまで辿って再生しましょう。
今回は試してないけど、昔ノートPCにUbuntuとMediaTomb入れた時、iPhoneのDLNAクライアントアプリでも再生することができたのでお試しあれ。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">