Dropboxの活用

WindowsのiTunesってなんであんなに重いんだ。
MacのiTunesは最適化されてるせいかサクサクなのに。
Windowsの方にグラボとサウンドカード入れてるから、動画と音楽はそっちで管理したい、となるとiPhoneとiPadの母艦は必然的にWindowsに……
でもストレス溜まるから別の方法を考えた。
Dropboxを使って、WindowsとMacの動画、音楽を共有させることにした。
Dropboxの詳しい説明とかについてはそのうち記事にする……かも。

Dropboxを使う事で、一方の端末でファイルを操作することでもう一方の端末のファイルも自動で更新されることを利用する。
例えばWindowsでCDを取り込んだら、Macの方にも同じデータが存在する。
それで、聞く時はWindows、iPhoneなどと同期する時はMacという方法が可能になった。
けど、映画とかまで共有してたらMacの容量がパンクしそうなので、動画はPVだけにした。

ちなみにこれでWindows、Mac、Dropboxサーバの3つにデータが存在することになるので、バックアップにもオススメ。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">