gdipp – Windows7のフォントを綺麗にする

Windowsはフォントが汚いとよく言われるけど、それを少しでも解消するためのソフト。

2013/07/16
こちらの方がオススメ。
MacType – Windowsのフォントを美しくする

gdipp

 

上からOSに合った最新版(32bit or 64bit)をダウンロードする。
インストール時のオプションは特に変更しない。

 

反映させるためには、PCの再起動または以下の手順を行う。
スタートメニューの検索ボックスに「サービス」と入力し、起動する。

 

gdipp Service」を選択し、左の「サービスの開始」をクリック。

 

これで各種フォントが綺麗になった。
この記事を表示した例。

 

アンチエイリアスがかかり、Macに近くなった気がする。
自分はデフォルトの設定で満足したけど細かく設定したいという方はこちらを参照。

 

Firefoxを使ってる場合、Firefoxのアドレスバーに「about:config」と入力する。
gfx.direct2d.disabled」という項目を探し、「false」となっているはずなので、ダブルクリックで「true」にする。
Firefoxを再起動したら有効になる。

 

Steamのクライアントや、Evernoteのクライアントは文字が潰れたり化けたりする。
なので特定のアプリケーションのみgdi++を無効化する。

32bit → C:\Program Files\gdipp\gdipp_setting.xml
64bit → C:\Program Files (x86)\gdipp\gdipp_setting.xml

上のxmlを開き、<exclude>~</exclude>に「<process>実行ファイル名</process>」を追加する。

 

例、Steam
<exclude>



<process>Steam\.exe</process>
<process>GameOverlayUI\.exe</process>
<process>Evernote\.exe</process>
</exclude>

 

xmlは使ったことないんだけど、正規表現使ってるのか「.」の前にバックスラッシュ(¥)が必要。
Steamの場合はこの2つを追加する。

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">